2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆★☆嗚     咽☆★☆@冠婚葬祭板

1 :愛と死の名無しさん:04/02/19 01:30
あなたが嗚咽したエピソードをどうぞ

2 :愛と死の名無しさん:04/02/19 01:31


3 :愛と死の名無しさん:04/02/19 01:36
華麗に3ゲット

4 :愛と死の名無しさん:04/02/19 01:40
良スレの予感

5 :愛と死の名無しさん:04/02/19 02:00
やっと結婚できて嗚咽しました。

6 :愛と死の名無しさん:04/02/19 02:02
この前結婚したんだがそのとき嗚咽しました。
理由は単に感動というか嬉しさというかで、もう一点は嫁のウエディングドレス
姿があまりにもきつかったから。

7 :愛と死の名無しさん:04/02/19 02:05
ご愁傷様です

8 :愛と死の名無しさん:04/02/19 02:06
昔子供の頃、ウエディングケーキをこっそりなめて、あまりの不味さに嗚咽しました。
(当時はクリームに腐敗防止薬が入っていた)

9 :愛と死の名無しさん:04/02/19 02:06
セクスで嫁が嗚咽してました。

10 :愛と死の名無しさん:04/02/19 03:17
このスレタイなんて読むの?

11 :愛と死の名無しさん:04/02/19 03:23
ひんと は おやつ

12 :愛と死の名無しさん:04/02/19 03:41
>>10 あなたみたいな人がいるので書いて損しましたよ。
もっと勉強して下さい。「なるへ」と読むんです。
間違っても「おえつ」なんて読まないで。「おえつ」とは
「おえっ」と吐くことですから。

13 :愛と死の名無しさん:04/02/19 12:06
父が招待者に最後の挨拶をしているとき途中で泣いて言葉にならなかったので、
私も嗚咽した。

14 :愛と死の名無しさん:04/02/19 13:50
できちゃった婚でつわりで嗚咽しながら披露宴してました

15 :愛と死の名無しさん:04/02/19 13:56
小さい頃からの親友の結婚式の時。
その子は体が弱くて親もそうとう心配しながら大事に育てられた一人娘。
きれいなドレスに身を包んでスポットライトを浴びて
「お父さんお母さん、
 今日まで本当にありがとうございました。
 小さい頃は心配をかけてごめんなさい。
 今日から2人でがんばっていきます。」という
手紙を読み上げた時は、定番ながらもウゥゥッときました。

まぁ今じゃその子も一児の母で、実家も適当に使いこなして
毎日スーパーのセールに駆け回るたくましい主婦なワケですが。w

16 :愛と死の名無しさん:04/02/19 23:23
age

17 :愛と死の名無しさん:04/02/19 23:31
やっぱ飲みすぎるとクルよね

18 :愛と死の名無しさん:04/02/19 23:53
なんか一番嗚咽にかかわりそうな板なのになかなか良いエピソードでてこないですね。

19 :愛と死の名無しさん:04/02/20 10:38
この板は実用第一になっちゃうんで、ネタスレや
この手のスレは盛り上がりませんよ。

20 :愛と死の名無しさん:04/02/20 23:30
低脳が多いからね

21 :愛と死の名無しさん:04/02/28 01:22
良すれあげ

22 :愛と死の名無しさん:04/03/01 23:26
ネタないの?

23 :愛と死の名無しさん:04/03/02 13:39
スレが盛り上がらなくて>>1が嗚咽

24 :愛と死の名無しさん:04/03/19 23:45
おえっ

25 :愛と死の名無しさん:04/03/22 20:45
★☆★安心と信頼のキャッシング★☆★

安心の2ヵ条
1、当社は融資審査時から完済時まで、お金を借りた事が
  職場・身内の人に絶対に知られないノウハウでご融資。
2、当社は都1の登録ですが、短期小口貸・紹介屋では、
  絶対にありませんので、ご安心してお申し込み下さい。
  法定金利内のご融資で、支払いは月1回利息のみでも
  もちろん大丈夫です。
 http://a5678.lomo.jp/


26 :愛と死の名無しさん:04/03/27 00:32
母はアル中だった。いつも家は汚かった。父は仕事から帰ると家事をしない母を殴っていた。
怒鳴り声が聞こえないように子供部屋に閉じこもった。
それでも聞こえるから押入れの布団を引き出して毛布に頭からくるまっていた。
ずっと耳をふさいでいた。母の泣く声が耳にこびりついていやだった。
 押入れのドアがゆれた。小さい隙間からのぞくと姉がいた。
姉は何も言わずにこげた卵焼きののったお皿を差し出した。
まだ小学二年生だった姉が自分の為に卵焼きを焼いてくれた。
 外はこげて中はまだ生で、油くさいし、すごくおいしくなかった。けど両親は自分達の不幸さに自己陶酔しているだけだったし、
食事のことは頭になかったらしくて涙を流しながらそれを食べた。

 あれから20年。母は15年前に死んだ。父は再婚して居場所がなくて一人暮らしを始めた。
とっくに遠方に嫁いだ姉の所に結婚式以来数年ぶりに会いに行った。
 突然夜遅くにやってきた自分を姉は快く迎えてくれた。
何もないけどといって簡単な手料理を作ってくれた。そのなかには卵焼きもあった。すごくおいしかった。
自分が幼稚園のときのあのまずい卵焼きを思い出した。
 今考えればまだ小学二年生の姉が自分のために一生懸命卵焼きを作ってくれたのだ。
自分だって悲しいはずなのにいつも自分に優しかった。
涙が止まらなかった。姉はびっくりしてたけど何も言わなかった。
 母親が死んでも悲しくなかった。これで家が酒くさくなくなると思った。父親が死んでも悲しまないと思う。きっと自分は親不孝だと思う。
 でも姉にはずっと生きていて欲しい。旦那にも幸せにしてほしい。
 親孝行はする気になれないけど姉にはたくさんお礼がいいたい。
結局朝一番の飛行機で帰ってきた。
 姉は帰るときまで何も聞かなかった。姉に言うのはてれくさいので何も言ってない。
でも誰かにいいたいからここに書いた。
いつか照れずに本人にも言いたい。
姉は自分にとって世界一の姉ちゃんだ。



27 :愛と死の名無しさん:04/03/27 01:31
やっとまともなエピソードでたね。


28 :愛と死の名無しさん:04/04/03 11:54
age

29 :愛と死の名無しさん:04/04/04 05:01
age?

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)