2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

PART9 実践・小周天

1 :病弱名無しさん:04/02/26 21:28 ID:BbiCE2UI
主に周天法、を中心に語りましょう。
愛好者の方の体験談など、ご存分に書き込んでください

小周天1 http://piza2.2ch.net/occult/kako/994/994089062.html
小周天2 http://hobby2.2ch.net/occult/kako/1032/10325/1032588354.html
小周天3 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1040491422/l50
小周天4 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1049626981/l50
小周天5 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1052145654/l50
小周天6 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1056119974/l50
小周天7 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1060500475/l50
小周天8 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1071155586/l50

2 :病弱名無しさん:04/02/26 21:43 ID:KHJyxwuV
自営業阻止

3 :病弱名無しさん:04/02/26 22:58 ID:AJkgvZUS
 

4 :病弱名無しさん:04/02/27 09:00 ID:0ZNOSEnS
本スレです。

★★★気功で健康になりましょう★★★
 http://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1077168120/l50

ここは荒らしが勝手に立てた、荒らし専用スレです。
荒らしの人以外書き込まないで下さい。
書き込んだら自動的に荒らしと認定されます。

5 :病弱名無しさん:04/02/27 14:54 ID:yNH8mnzJ
小周天のスレはPART9迄続いているこのスレが本流。

6 :病弱名無しさん:04/02/27 18:38 ID:WLsxmkKX
まあ、こわしたからでてこれなくなったのだろうな、またあまりにもうっとおしかったらこわすよ、

7 :どこかで思春期@超越:04/02/29 11:52 ID:sNK9A8Oe
陰口名無し訓、新スレ&引継ぎスレ作成乙。
しかし、多数のハンドルネームやナリスマシを使って自画自賛を
繰り返しているのって相当ぽっかりだなw
まあ、当人が気持ち良いならそれでいいのかw

8 :どこかで思春期@超越:04/02/29 11:54 ID:sNK9A8Oe
名無しの卑怯者に最低限でも目を通して馬鹿を治してほしいスレ

ttp://jbbs.shitaraba.com/sports/5611/

ttp://izayohi.hp.infoseek.co.jp/mahou.html

9 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:05 ID:sNK9A8Oe
小周天とは?

小周天 流派によってその意味する所にかなりの違いがあるが、
    日本では「高藤聡一郎」の一連の仙道系著作により
    丹田などで強化した気を任脈(体の前面の正中線)
    督脈(頭部 背骨の上 尾てい骨までの体の背部の正中線)
    に通し、体の中を一周させる方法。
    築気の基礎に当たる部分というのが一般的。

10 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:12 ID:sNK9A8Oe
「気」(正確には気の働きの一部を)手のひらなどの敏感な部分で
気の感覚を掴むことから始めるのが無難な方法らしい。
その際に、普段は感じられない熱感や磁力感、圧力感が感じられたら
それが「気」wということだそうだ。
具体例を挙げると、自分の手のひら同士を数センチ〜数十センチ程
離してしあわせ〜♪じゃなくて向かい合わせて気の感覚を感じるように
意識を集中するとか・・・
自己暗示や催眠術の導入と似通っている点が興味深い

11 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:16 ID:sNK9A8Oe
まあ、高藤の成功を見て多くのオカルト系作家がこの分野に
進出して今更俺が書くまでも無いがな。
ヨガだと藤本憲幸とか、密教系なら桐山とか、他にも肥田式の
高木、佐々木とか・・・こういうオカルト系の健康法というのは
かなり前から一定の需要が見込める詐欺商法みたいだな。

12 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:19 ID:sNK9A8Oe
しかし、俺にとって困ったことに仙道系などはある一定の効果が
あってしまったことなんだな。
実際に鼻炎と皮膚炎は高藤本で治ってしまったし、
言われたとおりの幻覚、いやそれ以上すら見えてしまった。
こりゃ、困ったw

13 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:21 ID:sNK9A8Oe
しかし、だからといって風邪すら引かない超健康体になるとか、
癌もパツイチとか絶対にそんなことは無いと思う。
冷静に考えれば腹式呼吸を多用することで血行が良くなり、
また自律訓練法的手法だから、自己暗示により自ら治した。
という考えも出来る。

14 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:26 ID:sNK9A8Oe
また著作にあるような超能力がウンヌンも、どうかなぁw
と思う。実際オーラ視などは訓練すると始めは白黒のモヤのような
ものが自分や他人の周りに見え出す→次第に色がつき始める→
経験によりその色が何を、どんな状態を表すか分かりだす。
という具合に発展しだすが・・・
それが幻覚なのか、それとも何らかの新しい感覚なのか、どうも
曖昧だな、というのが正直なところだ。
実際、ちょっと鋭い勘の域を俺は超えられない。
他の人はどもっと凄いのかも知れんが。

15 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:30 ID:sNK9A8Oe
高藤のビデオなどでは、40近いオッサンが必死になって
鼻息でティッシュやアルミ箔を動かしてたし。
実際に会った高藤氏(一度だけだが)はどうも
「本気にしたの?困るなぁw」という風情だった。
本当は会いたくなるほどハマっていた自分を暴露するようで
会ったことは言いたくなかったなぁw
それに高藤のセミナーでは1週間で100万円という凄い値段だったし。

16 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:33 ID:sNK9A8Oe
もちろん逝きませんでしたが。
まあ、オウムや創価と変わらない宗教という名のビジネスですな。
しかし、そのビジネスの元ネタが古来の神秘行の催眠的手法を
元にしていたためにいくばくかの神秘体験のおまけ付きという
為に騙される人が増えてしまったと。
今ではそう思っている。

17 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:35 ID:sNK9A8Oe
某名無しが、躍起になって宣伝しているOリングテスト+
健康食品販売も似たような玉石混交な状態なんでしょうな。
しかも、石、玉、石、石、石、石、石・・・(この後、無限に石)
という所が確定でしょうな。

18 :どこかで思春期@超越:04/02/29 12:46 ID:sNK9A8Oe
しかし、個人的には小周天から始まる脳内遊びは
かなり面白い部類に入ると思うので、その危険性を承知で
(自己暗示、催眠術の類は頭のネジが緩みっぱなしになるという
危険を常にはらむ)体験したい人の為に、ロハロハで細かいやり方を
カキコしていきたいと思う。
他の人も自分のやり方などを書いてくれたらありがたい。
まあ、某名無しのような妄想や宣伝はその、なんだ困るがw
2chなのでしょうが無いでしょう。

19 :どこかで思春期@超越:04/02/29 13:16 ID:sNK9A8Oe
では、次回は細かい手法などメインで。

20 :病弱名無しさん:04/03/01 12:33 ID:7wrc7RCH
どこかで思春期さんの書き込み楽しみです。

一時全然見かけませんでしたけど、他の掲示板に行ってたんですか?


21 :病弱名無しさん:04/03/01 16:27 ID:pDU5OfVP
クンダリニーとは?
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1066105639/

22 :病弱名無しさん:04/03/01 17:02 ID:LnMWE8vg
すみません、少しお聞かせ願えますか?
こちらは気を意志の力で動かすことができるよう、研鑚を積まれている方々の
居られる所とみさせていただいてよろしいでしょうか。
実は、自分は仕事と対人関係のストレスなどが重なり、鍼灸師曰く気が上に揚がった状態で
全身の気の流れが滞り、特に下に降りなくなっているため、色々な諸症状が現れているとのこと。
上に昇った気を下へおろすよう努力してください、と言われたのですが、どのようにすればよいのか判りません。
どうぞ、簡単にできることでも言える事でもないとは思いますが・・、
僅かなりともアドヴァイス頂ければ幸いです。
どうかお願いいたします。


23 :病弱名無しさん:04/03/01 18:54 ID:iFKiRtMK
>>22
コーヒー禁止、早寝推奨、熱い砂糖抜きの紅茶か烏龍茶推奨、
朝日や太陽にあたって体を貫いてもらう、空を見る、思い浮かべる。夜でも。
拍手を打って手足指先をブラブラさせて汚れを地面の底に投げ捨てる。
シャワーでスッキリする、素早い動きをする。昼型の生活をする。体や頭の力を抜く。

24 :病弱名無しさん:04/03/01 23:26 ID:aGKuQyJJ
「汚れ」は水平線の彼方に放り投げる方が良いような気がする

25 :病弱名無しさん:04/03/02 00:38 ID:yqk9A2SU
>>22
ttp://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/sports/5611/1043142576/

26 :22:04/03/02 11:38 ID:Oh/ACeqw
皆様、レス、本当にありがとうございました。
教えていただいたURLも拝見させていただきました。
教えていただいたこと、思い当たることがかなりあります。
確かに頭も身体も力が入って緊張状態が続いているようですし
私は一番仕事が忙しかった時、殆ど睡眠が毎日2時間程度で、
現在も四時寝に八時起きなので、きっと睡眠不足と遅寝が原因となったのでしょうね・・
ただ、空を見るのは普段から好きなのですが、夜も思い浮かべるのですね。
あ、手足をぶらぶらさせる前に、必ず拍手を打つのでしょうか?

まさかこんなにすばやくレス頂けるとは思いもしませんでした。
本当に感謝いたします。ご教授いただいたこと、出来ることから実行していって見ます。
ありがとうございました。




27 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 13:54 ID:eCerIDhG
う〜ん、一人遊び流行っているのか?
まあ小周天も一人遊びだし名w

28 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 13:56 ID:eCerIDhG
今回は性功の手法なんかを、俺が今詰まっているところだし、
何より陰口大好きな名無し訓という教材が前スレでいたので
ちょうど良いかなと・・・

29 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:01 ID:eCerIDhG
まず、仙道やってて命功が上手く逝きだして小周天が出来る、
全身周天逝った〜何か変なモノが見え出した〜ってなると
大抵の人が精神状態と体が以前よりも密接につながる感覚を得だすと
思う。具体的に言うと怒ると以前よりも寝付きが極端に悪くなったり、
悲しむと鬱々と体の力も抜けてしまうとか・・・例えではなく
本当にそうなってしまうのが仙道の怖いところ。
まあ自己暗示にかかりやすくなっているのかもしれんが

30 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:02 ID:eCerIDhG
その逆に気が満ち満ちている時、調子の良い時などは
気の勢いに釣られて怒りやすくなったり、気の赴くままに遊びまくって
体の調子を崩したりなど

31 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:05 ID:eCerIDhG
これで高藤本などは、喜怒哀楽少なく抑えなどと語っているが、
意識して抑えられるなら苦労してないよね?皆さん。
俺も意識して喜怒哀楽抑えられるくらいならこんなことカキコしませんよ。

32 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:09 ID:eCerIDhG
はっきり俺が感じるのは喜怒哀楽を意識で抑えるってのは無理と思う
というか、「無理が出る」と逝ったほうが良いか・・・
感情を含む人間の精神は仙道では、やはり一つのエネルギーで
しかも、それはとんでもない暴れ馬、意馬心猿なわけだ。
そして、人間の場合はその多くが自己憐憫による自尊心で消費されている。

33 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:13 ID:eCerIDhG
というのが、仙道や呪術なんかの考え。
だから、その自己憐憫による自尊心っていうのを制御しないと
その表れの一つである感情を抑えても無駄どころか、抑えられた
感情は歪んだ形で爆発すると・・・
前スレで名無し君と戯れたのは自分自身の自尊心と名無し君の自尊心を
浮かび上がらせるためだったけど、どうも自分と相手が中途半端な
せいで上手くいかなかったね。難しい。

34 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:17 ID:eCerIDhG
前スレで良く、気のパワー、価値情報なんていって
誰が上、誰が下ってのを名無し君が書いてたが、あれなんて
自己憐憫による自尊心の典型例として教科書の載せてもいいくらい。
逝っとくけど試験に出ないからな。
自己を憐れむ気持ち、現状に満足出来ない気持ち、そして
ささやかな自尊心に食べさせる架空の懸賞。
まったく素晴らしい例で、そして重要なことに俺自身にもそういう
ことで競い合いたい気持ちが少し残っていることを発見させてくれた。
記念碑的な典型例だったな。


35 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:21 ID:eCerIDhG
まあ、こうやってカキコすること自体も残った
自分の自尊心にエサをやって自己憐憫による自尊心の破壊に
抵抗しているのかもしれない・・・
仙道で力が付き、ある程度色々出来る、もしくは出来ないままに
行を続けているとそれで上昇した「力」?が優劣の競争という
無意味なレースを始めるのはよくある現象らしい。

36 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:28 ID:eCerIDhG
そういう馬鹿な浪費を防ぐためにも、自己憐憫による自尊心という
浪費家が自分の中にどのように巣食っているのか「意識」する。
これだけでも以前のようにすぐ喜怒哀楽に流されていた精神が
嘘のように落ち着く。俺の場合はねw
まあ、それでも喜怒哀楽ある時は素直に表現すれば良い。
自己憐憫による自尊心から来ない喜怒哀楽てのがどんなに素晴らしいか・・・
自らのあるがままを受け入れる。
難しいが、実り多きものかもね。
そういう俺もまだ途中だがw これは仕事しながら、むしろ仕事こそが
仙道の訓練にもなりますしな。

37 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:33 ID:eCerIDhG
所詮、無限の前では死に行く有限なる存在。
なればこそ有限の長さを競い合う空しさ。
しかし、それを体感出来た時に無限への橋が一瞬でもかかるのかな。
俺にはまだわからんね。
誰か語ってくれないかねぇ。

38 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 14:36 ID:eCerIDhG
出来れば、まともな日本語で語って欲しいもんだ。
凡百の徒として切に願いながら堕ちるか・・・・・

39 :病弱名無しさん:04/03/02 18:58 ID:Hvpk9yIt
無限は永遠と同義なのでしょうか?
私は必ずしもそうであるとは思わない。
むしろ無制約性が無限なのだと思います。


40 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:16 ID:Di6qYY6W
ふう、休日出勤疲れた〜あれ、君か・・・疲れるんだよな杓子馬鹿は・・・

>>39
無限 限りが無いこと 
   ものが一定の関係や規定を受けないこと。

有限 限度・限界のあること

永遠 ある状態が果てしなく続くこと。
   時間を超越して変わらないこと。

41 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:21 ID:Di6qYY6W
俺の場合は人間の能力の限界はやはり有限であると思うので、
その対比として無限という言葉を使った。
限りが無いという意味合いでね。
永遠だと時間的な意味合いのみが強くなってしまうでしょ?
君の場合は単語の意味の一つの側面だけ。
辞書じゃないのだから、どう変換するかはその人次第、
いちいち意味の違いを詰めるところかなぁ・・・
君は限定された存在をさらに限定して楽しいかね?
・・・ほら疲れたw

42 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:29 ID:Di6qYY6W
いちいち説明するのがメンドイので最近のカキコの参考文献とか・・・

セオドア・ロザーク 意識の進化と神秘主義 紀伊国屋書店?

ピンクフロイド アルバムTHE WALL TRIAL?
        アルバム狂気       US AND THEM
YES     アルバムビッグジェネレt−ター リズムオブラブ?

カルロスカスタネダ 意識への回帰 二見書房

高藤聡一郎  秘法!超能力仙道入門 学研

43 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:32 ID:Di6qYY6W
ミルトン 失楽園 上・下巻 岩波文庫

カールケレーニィ? 神話と古代宗教 ちくま

ウィリアムバロウズ ジャンキー 思潮社

カルロスカスタネダ 無限の本質 二見書房?

44 :杓子馬鹿:04/03/02 20:35 ID:Hvpk9yIt
>>40-41

>>39で言った無限の対義語はこの場合、

>人間の能力の限界はやはり有限である

のような文脈というよりむしろ、「何かであるという事態そのもの」であるのだと思います。


45 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:37 ID:Di6qYY6W
魚返善雄訳 「禅問答四八章」 学生社

他色々、うろ覚えなので間違えてたらスマン
分かってる人には分かっていたろうがw

46 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:42 ID:Di6qYY6W
>>44
おっ強くなったものだな。今君は力を得た。それを無駄にしないためにも
詰めていくか、「何かである事態そのもの」とは?
有限である人間の能力が、人間であることが事態であるのか?
難しい言葉でごまかさずに、噛み砕き、生きた言葉として吐き出したまえ。
物事を俺のような馬鹿にでもわかるように単純化するのは、
難しいがスリリングでしょ?
期待してるよ。

47 :杓子馬鹿:04/03/02 20:47 ID:Hvpk9yIt
>>46
>有限である人間の能力

この文言自体に度量衡を前提とした発想があるように思います。
石は自身の能力によって石として在るのでしょうか?
石が石であることは個性ではあるかも知れないが、それは能力ではない。

無限と「能力」という概念を対比させる発想が私には判らないということです。

48 :杓子馬鹿:04/03/02 20:48 ID:Hvpk9yIt
>今君は力を得た

私は前から壊れたレコーダーのようにこのことばかり書いているのですが…。

49 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:50 ID:Di6qYY6W
言葉といえば、仙道の実践者であるならば「言葉」というものに
気をつけなければならないらしい。
言葉を吐く、時機、場所、そして相手や自分に対する効果・・・
良く所詮言葉では無いか?という詐欺商売の人間のように言葉を
弄ぶことは出来なくなる。
自らの言葉にも力、気質がしみ込む為に弄んでしまうと刃となって
自らをも傷つけるらしい。
難しいねw

50 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:53 ID:Di6qYY6W
度量衡を前提としたw
まあそりゃ社会的な教育を受けた人間だもの。
何か限定されたものを想像する時にそういう表現にどうも頼らざる得ないよな。
それを言うなら無制約性というのもそうだな。
制約の無いものがわざわざ無制約性であることを主張するものでしょうか?

51 :杓子馬鹿:04/03/02 20:56 ID:Hvpk9yIt
シンプルに、何ものでも無いか、或いは何かで在るか、ただそれだけではないかと思います。
そして、後者は前者の自由であろうとする性の要請した様態なのだと思います。

52 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 20:59 ID:Di6qYY6W
石は自身の能力によって石として在るのでしょうか?
人間は自身の能力によって人間としてあるのでしょうか?w

唯物だねw

無限と人間の能力を対比させるのではなくて、
単純な二元論が好きなのかな?
無限というものがあるとして、それを人間の能力がどう捕らえるのか?
感覚がどう感じるのか?
物理学者のように計算して考察するのか?
イカンな言葉を詰めすぎるとおかしくなるが、意味を限定しすぎる
とパラドックスになるだけだよ。
そんなのはニーチェあたりでもういいだろとも思うが。


53 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:01 ID:Di6qYY6W
>>48
今、君は力を得た
まあ、以前から言ってるけどね。タイミングと以前よりは鼻柱が
丸くなっているのでねwちなみに元ネタわからない?

54 :杓子馬鹿:04/03/02 21:03 ID:Hvpk9yIt
カスタネダは随分前に読んだきりなので文言を一々憶えたりはしていません。
参考までに、「以前」とは一体いつのことなのか教えて頂けませんか?

55 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:04 ID:Di6qYY6W
>>51
石は石として、石でありたいから石であるとまでは逝かないが、
石は石として、観察者がそう見たいから石である。
石としての本質は変えようがないだろうが、その態様、役割、能力などは
観察者である我々の調節でその様を変える。
これが唯識の一つの主張w

56 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:05 ID:Di6qYY6W
>>54

私は前から壊れたレコーダーのようにこのことばかり書いているのですが…。

君のせりふで以前にも似たような質問受けたなぁと思い出したという以前。



57 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:08 ID:Di6qYY6W
まあ、ここは小周天スレなので出来れば気取らずに
仙道の実践的なネタが欲しいね。
君は人のせりふの粗探しが好きみたいだが、
まあ俺の粗なぞいくらでもあってあらあらまぁ♥
という位のものなので好きに探してくれ。

58 :杓子馬鹿:04/03/02 21:08 ID:Hvpk9yIt
私は石ではないので石の気持ちは判りませんが、石自身にとっては観察者が居ようが居まいが知ったことではないでしょう。

人間の目に留まった石は何がしかの干渉を受けることが在りますが、それを石がどう思うかは、やはり石ではない私には判りません。

まあ、「石では無く、花だ」と思う人間が居たとしても、石の知ったことでは無いような気がしなくもないのですが。

59 :杓子馬鹿:04/03/02 21:09 ID:Hvpk9yIt
>>56
では、それはどのスレッドの何番目あたりのレスでしょう?

60 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:10 ID:Di6qYY6W
それとも相手の言葉が間違った用法で使われているか、いないか?
確認するのが仙道的に意味があるのかなw
俺が未熟なせいか、良く分からないのだが。

61 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:13 ID:Di6qYY6W
>>59
何時何分何十秒、地球が何回回ったとき〜♪
かなり前のスレなんで思い出せないなw
仙道ってのはそういう執着から自由になるためにやっているのではないの?
そういうのはダヌルあたりと遊んで欲しいなw出来ればw
まあ、2chなので自由だが。

62 :杓子馬鹿:04/03/02 21:14 ID:Hvpk9yIt
>>60
さて、私が観た(と思っている)〈無限〉はこの人の言う無限とは違うものなのだろうか?
という疑問を感じたので少し伺ってみたのですが、それを論難だと思われたのなら私の不徳によるものです。

63 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:18 ID:Di6qYY6W
石にとっては知ったことでは無いことも知ったことでは無い、
そう考える能力が無いw
ほらwこういうのって無限に揚げ足取りが出来ちゃうのw

64 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:22 ID:Di6qYY6W
あなたが観たと思っている無限は、もちろん俺の使っている用語としての
無限とは勿論違いますとも、ええ。
赤い花は赤いが、果たしてあの人の見る赤と私の見る赤は同じなのか?
視力の差、こことあちらの光の当たり具合・・・細かく考察すれば
同じものではありえない。
こんなことは散々、あちことで言われていることですがね。

65 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:24 ID:Di6qYY6W
>それを論難だと思われたのなら私の不徳によるものです

>>59
の突っ込み?とか見ると幼児性を感じてしまうので不徳ですなw

66 :杓子馬鹿:04/03/02 21:25 ID:Hvpk9yIt
何故そこで赤色問題を引き合いに出されるのでしょう?
それも私には判らない。「観た」という言い方で悪ければ接触したでも別に構わないのですが。

67 :杓子馬鹿:04/03/02 21:27 ID:Hvpk9yIt
>>65
貴方が私を誰か別の人だと思っているのではないかと確認してみたのです。

68 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:27 ID:Di6qYY6W
ただ、同じ?赤い花の色合いの違い・・・
その違いを内省と習慣の力によって、普通の人が感じるとはまた更に
違いを広げようというのが仙道っていうことも出来るかなw
本当に出来るかは知らんがw
何なれば、赤い花を赤く、石を石と見るのは習慣と内省による
後天的教育で獲得したものだという考えがベースにあるから。

69 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:30 ID:Di6qYY6W
>>66
言葉として現れる無限では、あなたの中にある無限に広がる
無限のニュアンスをどうあっても正確に伝えられることは出来ない。
自分と他人の見る赤い色であっても同じ。
見るは世界を眺め、観るは世界を止めるのオマージュで使ってるのかな?
なんで分からないのか、俺にはわからないw

70 :杓子馬鹿:04/03/02 21:32 ID:Hvpk9yIt
>見るは世界を眺め、観るは世界を止めるのオマージュで使ってるのかな

いえ、別に。

71 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:36 ID:Di6qYY6W
う〜ん、こういうのって自分の問題点を考えられるきっかけになるから、
オイシイのだが、長いと疲れるな。
ダヌルちゃん、HELP ME〜♪

72 :前々…スレ503:04/03/02 21:38 ID:Hvpk9yIt
失礼しました。それでは。

73 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:40 ID:Di6qYY6W
ちなみにわざわざ「観た」と書くということは、
仙道の実践において無限を「観た」ということかな?
それとも「見た」のかな。
是非ともこの未熟者にもわかるように筆を尽くしてカキコ願います。

74 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:43 ID:Di6qYY6W
>>72
お疲れ様、レーザーの君。

75 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:49 ID:Di6qYY6W
>>71
あっ2chなのに排他的なセリフだったな・・・ちと反省。
おかげで聞きたいこと聞く前に落ちてしまったな・・・
これは俺の不徳ですな。
でも、実際観念論になると疲れるんだよね。そんなのはモット偉くて
頭の良い人が散々やり尽くしているわけだから。
実践的な手法をメインで語りたい、もしくは教わりたいのは
そういう事から。
余談だが、503氏はsage進行、ネチケットは紳士なのに
何故?揚げ足取りに終始するのか・・・もしかして俺が潰した
詐欺業者の身内か・・・まさかなw

76 :前々…スレ503:04/03/02 21:50 ID:Hvpk9yIt
いえ、揚げ足取りではなく、本当に疑問だったのですよ。

77 :どこかで思春期@顕正:04/03/02 21:50 ID:Di6qYY6W
では、俺も落ちるとするか。
今度は命功メインで逝ってみようかなぁ

78 :病弱名無しさん:04/03/02 22:47 ID:/b6uaBMs
王子だろ。

79 :病弱名無しさん:04/03/02 22:56 ID:/b6uaBMs
色眼鏡もあるだろ〜が、石は石だよ、石の持つ設計図(虚空)が石だから、石だ。
これは神農の漢方とかにも通じるな、もの、食って味なり香りなり歯触りなり、
あるだろ、それ即ち、ものの、味座標、香り座標、歯触り座標な訳だ、虚空におけるね。
それ、を利用して、自分の欲しい座標を、外部のもので補うこれが地丹。

80 :病弱名無しさん:04/03/02 22:58 ID:/b6uaBMs
ああ、拍手は打った方が効果的だけど、TPOに添えばいんじゃない?

81 :病弱名無しさん:04/03/02 23:15 ID:Hvapo7MG
>>75
>俺が潰した詐欺業者
ここでバカやってるよw→ttp://etc.2ch.net/test/read.cgi/body/1077168120/l50

82 :病弱名無しさん  :04/03/03 15:42 ID:g8THTmHQ
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1049626981.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1052145654.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1056119974.html
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1060500475.html

83 :病弱名無しさん:04/03/03 23:35 ID:qwdlNZBF
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0403/03/1040491422.html

84 :病弱名無しさん:04/03/04 02:07 ID:r0W3CTfM
 

85 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 15:47 ID:jhYAAPBZ
>>79
虚空蔵か・・・石のアカシックレコードは石だから石だw まあその通り。
しかし、通常の意識状態の人は石の虚空の全てを利用出来ていない。
だから、意識もしくは身体も広げる(変える)必要がある。
これが仙道的考え方。

86 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 15:50 ID:jhYAAPBZ
石を石としてしか捉えられない硬直した意識こそが問題だと、
提起しているように思えるね。

87 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 15:57 ID:jhYAAPBZ
まあ、実際に意識を石に集中することも無く集中してみれば
自ずから言わんとしてくれることは体験出来ると思うが・・・
まあ、そこまでいくのにも段階が必要だから命功でもつらつらと
書くか・・・釈迦に説法のような気もして余り気が進まないけど
初心者向けにつーことで

88 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:02 ID:jhYAAPBZ
どうもネットで見てると最初の丹田で温養する段階で詰まる人が
多いみたいで、アイロンみたいに熱くなるまで駄目とか、なんか
感じたらすぐにでもOKとか、言うことまでバラバラ。
確かに空車とかあるので意念というか、僅かしか気感が無いのに急いで
回してたら危険だよな、ノイローゼみたいになるらしいし。

89 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:08 ID:jhYAAPBZ
そもそも、普通の体力の人が普通に丹田で武息なりなんなりしてたら
熱くならないほーが可笑しいと思うのだが、オカルト系に来る人って
基礎体力そのものが皆無な方が多いので、詰まるのではと思う。
最低限腹筋を50〜100回くらい連続で出来る体力。
三食キチンと食べる。動功などで捻転系の運動を重点的にやる、
柔軟を軽くして体をやわらかくしておく、とかして欲しい。

90 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:12 ID:jhYAAPBZ
特に食事はジャンクばっかり食べてないで、普通に考えて栄養の
あるものを取っていればなんら問題は無いです。
いや俺はイオン化したウンタラで補っているから・・・普段はジャンクでも
大丈夫・・・アホですか? 高い浄水器買う金あったら安全な野菜でも買ってきて
ぱくついてくれYOと問い詰めたい、小一時間問い詰めたい。
地丹法以前の問題な方が多いと思いました。体験としてはね。

91 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:15 ID:jhYAAPBZ
捻る運動も「なんば」流行で捻らんほうがとか言う方もいますが、
あれは基礎体力のある方のための技法です。
丹田温養で気感が出ないくらいの貧弱な坊やはバンバン捻って
インナーマッスル鍛えてください。

92 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:18 ID:jhYAAPBZ
熱くなるのもアイロンくらいとか人それぞれですが、
熱いお風呂に浸かっているくらい、もしくは震動がビ〜ンとか
出ているならOKです。
不安なら焦って回さなくても、長いこと温養していれば自然に回って
いくことが多いです。

93 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:22 ID:jhYAAPBZ
あと性欲、大体普通の人間で仙道に回すエネルギーを確保するのに
一番手っ取り早く流用出来るので利用されることが多いのですが・・・
あんたら一週間〜一ヶ月くらい禁欲できんの?と言いたい。
どうしてもオナニー止められないんです〜・・・
ネタか?釣りか?ヤラナイカ?そんな餌で釣られるよ俺は、
そんなに止められなきゃオナニー赤球出るまでして仙道も
止めてくれたらありがたい。

94 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:28 ID:jhYAAPBZ
まあ、大体1週間〜一ヶ月くらいの目安でやってれば全く影響ないけどね。
小薬、大薬つくりの時はもっと長い禁欲が必要みたいだけど、
仙道的手法では馬陰蔵相を覚悟しなければならないようだ。
それと禁欲難しいって人は、性欲以外のものを削るのも効果があったりする。
俺の場合は、夜更かしとゲームが一番瞑想に悪影響を起こすのでゲームを
数年前に止めてしまった。
でも削った分をまたオナニーに回したら何の意味も無いが

95 :どこかで思春期@顕正:04/03/05 16:35 ID:jhYAAPBZ
あとは性功で命功でためた分を落ち着いて漏らさないようにすることか・・・
そもそも性功もキチンとやっていると性欲も大分落ち着くと
思うのだが・・・俺は余った精力は仕事&筋トレに回して疲れた
精神&肉体を瞑想で癒す→力が余った時は瞑想の深度深めて色々やって
ウマーって感じだが・・・

96 :どこかで思春期@休日:04/03/05 16:39 ID:jhYAAPBZ
まあ、小周天段階は本当に基礎だから・・・焦らずに
じっくり腰を落ち着けてやれば何も詰まらないと思うのだけど・・・
出来たとしても所詮、脳内遊び。
軽い気持ちでやるのがおフランス流、SVP。

97 :どこかで思春期@休日:04/03/05 16:40 ID:jhYAAPBZ
チャオ

98 :病弱名無しさん:04/03/05 21:51 ID:WF80Y/d2
馬陰蔵相について、これって本当に禁欲の果てになるものなのか???
経験的に相似と思われる状態は天のきが逸物に通ってる時だと思うんだが?
例えばの利用法で勃起して都合の悪い時や、いわゆる快感を感じても射精を
してはいけない、などという時に天のきを意識的に通すことにより、地のきを祓い
結果縮むということはあるな、そして応用でもないが、座臥つまり座った状態で
天のきを体に向かい入れると結果、自分で意図しなくても痺れるほど馬陰蔵相
じゃね〜のか?のような状態にはなるな。

99 :病弱名無しさん:04/03/05 22:16 ID:WF80Y/d2
ついでに天のき地のきについて。
これは前に語ったようにきの現実的実相が圧力の相を採っている
からで、天は三次元座標的に宇宙方向であり、真空状態に向かっていくため、
その三次元座標にあるきは質量を含まないきであり、地は地中方向であり
物質かつ圧力がかかり質量を大量に含むきである、ここで勘違いしていけないのは
これらのきの性質がとりあえず不動であるという事で、質量を含まないきは
あくまで質量を含まない。例えば天のき、宇宙の真空に近い物質(物質と称してよいものか?)を
地中に持ってくれば、一瞬で圧縮され、地のきの圧力に見合う大きさになるが、これは
物質が圧縮されただけで、き的には、天のきと地のきが入れ替わっただけで、きそのものは、
元の座標から動いていない、又は圧縮される一瞬にき自身のあるべき場所に召還されたという
ことになる。
ゆえに、例えば天のきという方面(物質面に対して)を地中に固定出来た時
物質面の地中は質量の圧縮をし続けること適わず質量が四散する、このような性質を利用して、
天のきを男の逸物に存在させればそこに通う質量である、血液が四散し馬陰蔵相となる。

100 :病弱名無しさん:04/03/05 23:23 ID:xE5RWD5Z
大きな気を入れる器には、丈夫な入れ物が必要。

太くて丈夫い筋肉を持った体には巨大な気も溜まりやすい。
弱い肉体は気が大きくなるとバランスを崩して潰される。

気の強化だけでなく、体の強化も必要だ。
チンケな肉体には、チンケな気しか宿れない。

筋トレ 
肉・・・トンカツ、ハンバーグ、納豆、唐揚、ステーキ・・・
休養

範馬勇次郎

101 :病弱名無しさん:04/03/06 00:21 ID:VUI76zGG
貧弱な体じゃ、大きな気は受け止められない罠。

102 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:00 ID:KpiJbpy1
↑手法カキコ乙。
では、俺も手法を書くとするか・・・

103 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:03 ID:KpiJbpy1
瞑想の深度を保つのは、本当に難しい。
一度丹光のイメージを維持することに成功しても、
長いこと座っていなかったり、実生活で精神的・肉体的ストレスが
重なると座っても見れるほどに明鏡止水を保てなかったりする。
そうかと思うと疲れていてもハッキリと見ることが出来たりする。

104 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:06 ID:KpiJbpy1
この差はなんなのか・・・
一つの原因として肉体的な原因、疲れ、特に肩こり、眼精疲労が
一番瞑想の時の精神集中に悪影響を及ぼすようだ。
怪我・病気などを除く、通常の状態では・・・

105 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:08 ID:KpiJbpy1
あと地丹法と被るかもしれないが、瞑想前はカフェインなどの
刺激物の摂取は控えたほうが良いかもしれない。
まあ一日中駄目ってほどではないが瞑想前の数時間ほどは取らない方が良いだろう。
それだけでも随分と瞑想の質が上がる。

106 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:11 ID:KpiJbpy1
あとは首や目のコリを取る運動や、目が疲れやすい人は、
目に良い食べ物を取ってみるのもいいのではと思う。
全身の柔軟ついでに首と目もコリ取って置けば、一日5分くらいしか
かからないし。

107 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:14 ID:KpiJbpy1
そして精神的ストレス・・・一番難しいので俺もいまだ修行中だが、
最近、有効だなって思うのがカスタネダの言うところの履歴の整理ですな。
一番、最近に会った人から始めて最も古い人まで自分が関わった人との
関係や出来事、細かな色々をノートなどに抜き出していく・・・
こうすると客観的に人々との関わりを見ることが出来て
人間関係の悩みとかが馬鹿らしくなったり、解決法が見つかったりします。

108 :どこかで思春期@休日:04/03/07 19:16 ID:KpiJbpy1
まあ、手法は色々あるけど性功がやっぱ一番難しい、
しかも進めば進むほど性功が重要だって思い知らされますな・・・
まあ、耽ることなくダラダラのんびりと進めてますけど。
難しい・・・難しいので落ちますか。
アディオス

109 :どこかで思春期@真剣?:04/03/08 18:59 ID:1Od7A1Nm
ttp://ruon.jp/profile.htm

最近ROMっているページ。何気ない貴族病がなまあたたかい微笑を誘う。
良質のホムペです。オススメ

110 :童子:04/03/10 00:04 ID:8XppRzSY
ttp://ruon.jp/profile.htm

最近ROMっているページ。何気ない貴族病がなまあたたかい微笑を誘う。
良質のホムペです。オススメ


111 :病弱名無しさん:04/03/10 04:38 ID:qbyk7Cfi
ナマの基礎体力からってのは完全にそうだね。実感しちゃった。
最初から一般の仙人イメージを信じちゃいかん。

112 :病弱名無しさん:04/03/11 12:59 ID:/of7S+hI
 

113 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 20:44 ID:TlsIaGi9
>>111
ナマの基礎体力ってのは、冗談抜きで本当に必要。 実感されているということは
キチンと研鑽されてる模様。素晴らしき哉。
最終的に軽妙洒脱、枯れてくるのは相当先の話ですな。
出だしは色々と振り回されて、練れてくるのは仙道も他の事も変わりない模様で。

114 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 20:58 ID:TlsIaGi9
瞑目して、意識を沈め、呼吸穏やかに、雲耀の間に
矮身に満ちる何かを感ずる。
漠として己が呼気すら忘るる。
眼前に広がるは僅(本当は木へん)花一朝の夢か、
既にして我無く、我無くば世界無く
なおにして響くは大地のささやきか。

115 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 21:04 ID:TlsIaGi9
そは天駆ける鉄の翼の咆哮の如く、小さき蜂のうなり声の如く、
我が存在に届いてくる。
物質、光、震動、音、全ては同義だ。
それは投げ上げられた無数の木の葉のように光輝き、震動し、
それでいて全ては一つなのか・・・
全てはあの中の一つに過ぎないのか?

116 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 21:11 ID:TlsIaGi9
意識せず、意識は浮き上がり、開眼する我はいつもと
変わりなく、世界も硬く変わりない、
しかし、胸のうち軽やかなり、身体羽の如し。
巷間において世俗に塗れることもまた喜びなりと。
天地人、等価、呵呵大笑。


117 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 21:12 ID:TlsIaGi9
剣呑、剣呑、更なる研鑽にて己が鼻柱を折らんかな。

118 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 21:17 ID:TlsIaGi9
我ながらヒデエ文章だw まあ神殿之君ファミリーに認定された記念つーことで

ちなみに以下が神殿之君ファミリーらしい、
記述人 童子 :04/03/10 00:11 ID:8XppRzSY

ダヌル様・・・常識人w
梅花・・・変態
巨人・・・ズシ〜ン
死んだの・・・チンポ
水銀・・・マーキュリー
思春期・・・オタク
童子=ダヌル様・・・包茎チンコ仙道

だそうだw

119 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 21:38 ID:TlsIaGi9
人間の皮膚はアンテナ、そしてエネルギーの変換機。
人間の筋肉は貯蔵庫、そしてスタビライザー
人間の意志は羅針盤、そしてエンジン、融合炉
人間の・・・
各々に主権を主張するこれら全てを一つに出来た時、
我々の存在は無限を飛翔する船となり得る。

120 :どこかで思春期@遊興先:04/03/11 21:38 ID:TlsIaGi9
そして華麗に落ち。

121 :病弱名無しさん:04/03/12 02:01 ID:wd2gcO1Q
>>113
基礎体力は時代差による盲点ですな。昔の人間は二十歳まで生きりゃ今でいうフィジカルエリートだし。
劣悪な環境では生きてるってだけである程度の水準はクリアしてた。今は意識的にやらんと。
肥田式に熱中してたときは感情が脱落するというか透明になる感じだったが気功は感情が
濃密になる。俺だけかな。感情養生が足りんだけかも。怒りも愛情も濃密になってきた。女みたい・・。

122 :病弱名無しさん:04/03/12 09:27 ID:o2rc1Lo9
>怒りも愛情も濃密になってきた。女みたい・・。

そりゃただのアブナイ人。

123 :病弱名無しさん:04/03/12 10:02 ID:ngKjEOPq
基礎体力造りでテストステロン出まくり?

124 :病弱名無しさん:04/03/15 23:47 ID:rw2fksJT
age

125 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 17:55 ID:VVWq2waj
>>121
気の総量が上がると感情に向くエネルギーも上がるので、
感情豊かになります。 無理に抑えずになおかつ感情に流されるのを防ぎましょう。
何よりも死に行く存在である我々には感情のみに耽っている時間は無いのです。
しかして、感情が未知への扉を開く鍵となる時もあるのも事実・・・
難しい・・・

126 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 17:58 ID:VVWq2waj
本日は立禅の手法をば・・・
馬歩は効果も高いが、どうしても下半身筋肉デブになるのでパスです。
立禅というと禅のイメージからか、寸分の狂い無く正しい姿勢を
不動で行うというイメージある人が多いでしょうが・・・

127 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 18:01 ID:VVWq2waj
実際の立禅はゆらゆらと常に細かく動きながらバランスを取って
全身をほぐすように動いている場合が多いです。
そして、初心者→中級者くらいでは、そうした方が効果が高いし、
何より体に優しいです。
立禅の主な目的とは体全体の調和、統一性を体得するのが目的という
人もいるくらいですから、ゆらゆらと体をほぐしながら普段は調和の取れた
動きを忘れている体にそれを取り戻させてやるのです。

128 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 18:05 ID:VVWq2waj
軽い、軽い爪先立ちなども、不動では無理に負担がかかって体に悪い行為でも、
ゆらゆらとしていると必要な姿勢だと分かります。
そうして、体の悪いところなどもほぐすようにイメージすれば更に効果的です。
呼吸もゆるやかに、ゆったりとそれでいて体全体が一体化して動くように
イメージする。
すぐには効果は出ないですが、2、3ヶ月すると体の動きが軽かったり、
などの変化が実感できると思います。

129 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 18:09 ID:VVWq2waj
ゆらゆらが大きすぎると別の筋肉が使われてしまうので、
効果は薄らぎますが、体が動きたい方向へゆらゆらと・・・
効果的に出来ているようなら、それだけの動きなのに汗がジワーッと湧いてくるのが
分かります。 逆に言えばそうでないと効果的に行っていない証明です。
含胸抜背などの姿勢の基礎も勿論大事ですが、そういうことを忘れてゆらゆらを楽しんで
ください。

130 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 18:12 ID:VVWq2waj
その時、目は半眼で鼻から吸い、口から細く吐く方法が一般的です。
まあ、基礎的なことは知ってると思いますのでパスしますか・・・
補足として
全くの不動で立禅を行う行法もあるそうですが、それは飛び切りの
上級者向けだそうで、普通の人が行うと体を壊すそうです。

131 :病弱名無しさん:04/03/16 18:37 ID:A5irArF/
ttp://www.ronjai.com
小周天だよ。

132 :どこかで思春期@疲労:04/03/16 18:51 ID:VVWq2waj
○ 目は半眼で、息は鼻から吸い〜

>>131
海外サイト? 映像が凄い。

133 :病弱名無しさん:04/03/16 20:38 ID:ZqMCpSSa
とゆうか、立禅でも瞑想でも、なんでもかんでもそうだが
実(かたち、姿勢など)と虚(メンタル、シンボル)は、常に対応してるので、
実を決(極?)めた時の精神状態を意識しておいて、次に先ず
精神状態(虚)を決定してそれに姿勢が対応するみたいな段階に進むのが
本道なんだと思う。んで、その実虚相対を実際に起こす為にはバランスの柱が
鍵になる、これが神と子と聖霊の三角または三種の神器の内訳ちゃあ内訳。


134 :病弱名無しさん:04/03/16 22:35 ID:XP3e1s7i
気功を間違ったやりかた?変なやり方をしてしまって
変な作用(苦しい・頭痛やら)がでてしまうこともあると聞いたんですが
そうなんでしょうか?教えてください。自分も気功をとりいれたいと
思ってます。

135 :病弱名無しさん:04/03/16 23:08 ID:k2abhvNc
どこかで思春期さん
高岡氏の「ゆる」は結構良いですよ。

偏見を置いといて「ゆる」を眺めるとよく考えられたメソッドだと思います。


136 :病弱名無しさん:04/03/19 19:38 ID:SPasqAi9
小周天3 http://ruku.qp.tc/dat2ch/0403/03/1040491422.html
小周天4 http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1049626981.html
小周天5 http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1052145654.html
小周天6 http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1056119974.html
小周天7 http://ruku.qp.tc/dat2ch/0312/15/1060500475.html
小周天8 http://ruku.qp.tc/dat2ch/0403/19/1071155586.html

137 :病弱名無しさん:04/03/19 21:51 ID:TrQzvAF0
やっと大周天会得した!

138 :病弱名無しさん:04/03/21 11:07 ID:sgo9nr0T
高藤さんの本のやり方以外の武息はどんなのがありますか?
効率良く丹田に熱が発生する呼吸法が知りたいのですが。
お勧めの方法や本があったら誰か紹介して下さい。
実験してみようと思います。

139 :病弱名無しさん:04/03/22 14:47 ID:cn/ECfIv
小周天の具体的な実践方法を教えてください。

140 :病弱名無しさん:04/03/23 11:22 ID:b+yghuZk
>135
気功は軸からってのもいいよね。採氣から入るより安定しそうで。
まあ値が張るしあのぶちあげてる宣伝文句の誇張してる部分をキッチリ
読み解けなきゃずっぷりハマりそうなのは怖いけど。

俺は肥田式の簡易強健術もしてる。氣感の強化すると
感情も強くなるから安定化させるのも同時にやるって感じで。
立禅はいいけど俺には氣が上昇してコントロールしにくい時がある。
その点肥田式はうまいこと全身が沈静化するんで俺にはあってるな。

141 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 18:20 ID:4VTZ9vsP
>>133
行の形態、方法も行う人の状態で変化するのは自分は2〜3年ほど分からずに
本に書いてあることを正確に行おうと躍起になっていた時期がありました。
確か高校生くらいの頃でした。今から考えるとアホですな。
>>134
それ僅差とか言ってる人もいますね、まあ間違ったやり方するとそういう事もあります。
>>135
ゆるって言葉がちょっとキテいますが、言ってることはあながち間違いでは無い感じですよね。

142 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 18:23 ID:4VTZ9vsP
>>137
おめでとうございます〜そっからが長いけどw
でも俺もあやかりたいので、あやかり〜あやかり〜w
>>138
武息自体が強い呼吸法なので、余りそれ以上を求めると体に却って悪いですよ。
まあ火の呼吸とか、わりかしいいみたいですが、あそこは商売っ気が
多くて俺は好きになれません。

143 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 18:50 ID:4VTZ9vsP
>>139
ネットで小周天でぐぐると色々出てきますよ。ブックオフなどの新古書店
では高藤本などが安く手に入る事が多いらしいです。
>>140
肥田式は何気に仙道の補助に使うと効果高いですな。
しかし、開祖が超健康な人なので、病んだ現代人には補助以上になることは
ないと俺は見てますがね。
それに、開祖も現代の基準で見るとそれほど凄いって感じとも思えないし。
でも、微妙に効果はあったりして俺的には正中心鍛錬法を補助でやるかって
くらいです。

144 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 19:02 ID:4VTZ9vsP
>>88-97
↑このスレのここに、触り程度に小周天の前段階にも触れているし。
ネットでちょこっと調べれば、ロハロハで小周天程度は楽しめますよ。
仙道・気の実践なんていうその趣味の人専門のホムペもあるし。
まあ、金をかけずにのんびりやれば、小周天段階はすぐでしょう。
肩の力を抜いて気楽に脳内遊びを楽しみましょう、脳内遊びセボ〜ンですよ。


145 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 19:13 ID:4VTZ9vsP
小周天でなくても、ある種の自律訓練法でも代用効きますしね。
最初の段階で、手の平や体表面を使って、良く気感の導入をしておけば
その後に進むのもスムーズだと思いますよ。
気感が感じにくい人は目をつぶって色々なものを触るか触らないかの
距離で手の平をかざしてみるのも手ですね。

146 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 19:25 ID:4VTZ9vsP
暖かくなったら、手の平で仮想のハンドボールの球を握っているような
形をとって、その間の気を感じ取ろうとする初期の訓練の時に立禅の姿勢を
とって気を強化しながら感じるようにすると、感じにくい人には効果的かも
しれないですね。
まあ、新興宗教系に騙されてる人以外は赤外線、静電気、血流、体温、
生体磁場、筋肉の緊張とか、もっともな話は置いといて理屈を頭からスカーンと
放り出して楽しみながらやってみて下さい。
よほど鈍いか頭が固い人以外は空気がゴムボールみたいな感触とか、静電気みたい
とか、妙に暖かい固まりとか、いつもと違った感じが出ますから。

147 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 19:29 ID:4VTZ9vsP
こういう命功の類は楽チンですから、瞑想で座るようになっても一日30分〜一時間くらい
長く楽しみたければもっと長時間も可能ですが、
他に必要といえば文献が少し、それすらもネットがあれば必要ないかも知れない。
趣味として考えるとかなりローコストで優秀な部類に入ると思いますがね。
体もそこそこ健康になるし。

148 :どこかで思春期@解禁:04/03/24 19:30 ID:4VTZ9vsP
んでは、現実世界に華麗に堕ち。

149 :病弱名無しさん:04/03/29 16:49 ID:YhaGab17
 

150 :病弱名無しさん:04/03/29 23:46 ID:7hQkvHxV
ちら、と書き込むか。
気と霊と性(さが)と格について。

気は霊の質量の一部で一番物質寄り、一般的に虚寄りの太白に近付くほど、
格が高いとされるが、格毎に気は存在する、性は結局、混合した格の気をどの位の分量で装備しているか
という話になる。そして、採気やなにやらという話になると、結局、装備品を増やす
という話になが、この性というものは、その性を装備している人物の感覚のフィルター
としての役割を果しているので、いわゆる色眼鏡のように、赤い色眼鏡を掛けて景色を見れば
全て赤く見えるという結果になるので、赤い性だけを装備している人物にはそれ以外見えなくなる。
ゆえに、いわゆる、憑かれるという現象はこのフィルターを装備させることにより、
相手の感覚を制限し予想内の行動を起こさせる事に意義があるので、
たとえば、恨まれて、生霊に憑かれたりした人物が気の量という観点からのみ観察して
増えた増えたと喜ぶ様は滑稽である、せめて、理解はしておけるよう、書き込むもの也。

151 :病弱名無しさん:04/03/30 22:50 ID:57w6X9f0
>>150

文章力なし。
バカ。


152 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:10 ID:5Jc1Y9Op
夜勤が多い成果、昼間はとめどなく眠いです。
特に春の眠気は最強、放っておくと際限なく寝れます。
ついでに夢見なんかも楽しんだりして、でも春は夢見の成功率が低いですな。
他の方もそうなんでしょうか?

153 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:19 ID:5Jc1Y9Op
余りに眠いので朝食取った後に、遊びに行くのを止めて軽く昼寝タイムに
昼寝の前に、丹田に意識を集中した文息を数分行う、その時の姿勢は
ソファーベッドをリクライニングシートのようにしてそれに座った姿勢、
眠いのですぐ意識が沈んでいくのが分かります。
その時に深いブルーの闇の中で入眠幻覚の星がキラキラとぼんやり光るのが
見えます。

154 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:22 ID:5Jc1Y9Op
だんだんとはっきりして鮮やかなネオンサインのように見えてくる
それらを見ていると夢見の導入に成功したなと思わずニヤリとしてしまいました。
その途端に意識が目覚めに近くなってしまうのか、入眠幻覚が消えて手足とかの
体の感覚が戻ってきてしまうのが分かりました。
イカン、イカン、もっと自然体で構えなくては

155 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:26 ID:5Jc1Y9Op
気を取り直して、再び意識的に軽い文息を続けていると段々と意識しなくても
呼吸の深度が深くなっていくのが薄っすらと分かります。
スー、スーがスゥーーー、スゥーーーという感じに
そのうちに意識の舵を失ってしまったのか、普通の夢の光景にいきなり
切り替わってしまいました。
普通の夢のように、夢の光景の中で夢と気付かずに動き回る自分がいました。

156 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:30 ID:5Jc1Y9Op
しかし、突然、どこからか自分の声でこれは夢なのだと気付く声がしました。
夢の中でぼんやりとハッとして、周りの風景を見渡しました。
確かに現実とは違い、細部がぼんやりといい加減で意識の焦点があっている
所以外は光の全く無い奇妙な光景が広がっていました。
夢と気付いた自分はもう条件反射となっている行動、意識の焦点を一箇所に
合わせすぎないように注意しながら、夢のストーリーや光景を意識的に
変えるようにぼんやりと意識しました。

157 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:35 ID:5Jc1Y9Op
まずは目の前にいるさっきまで話をしていた二人の人物です。
攻撃的な調子で自分の前で激しい論争を繰り広げていて、手には
どちらも銃を持っています。
さっきまでは必死に調停しようとしていたのですが、夢であれば事は簡単です。
今までは暴力的な夢は軽く退治して対処してきましたから、しかし、
ふと所詮自分の一部なのだから、争うことなく同化してみたらどうなるのか?
という思いが浮かび、実行してみることにしました。

158 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:39 ID:5Jc1Y9Op
光景が変わらないように交互に二人を見ながら、二人の肩に手を
置きました。
激しく争っていた二人は何事かとこちらを見ました。
二人の顔に焦点が合った途端に口ひげをはやしたアラブ系?の顔付き
ということが見て取れました。夢のせいか奇妙に歪んで見えます。
魚眼レンズを通してみた顔のようです。
自分の手の平を通して今にも銃を撃ちそうな筋肉の緊張が伝わります。

159 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:43 ID:5Jc1Y9Op
自分は無言で彼ら二人を抱きかかえるようにしました。
すると彼らは口をあんぐりと開けて、銃を取り落としました。
いつのまにか自分のサイズが彼らを凌駕していたからです。
(アクションの前は自分のほうが小さかった)
サイズの差はグングンと大きくなり、やがて彼らは自分の手の平に
収まるほどのサイズとなり、何事か喚きながら小さな光の玉に収束して
いきました。

160 :どこかで思春期@春眠:04/03/31 16:49 ID:5Jc1Y9Op
彼らが光の玉となった時点で、改めて立禅のポーズを取り、
ゆっくりと吸収していきました。
そこで夢の中で珍しくガイドが出てきて、それ以上の逸脱はエネルギーの
激しい無駄使いになるから、止めろと抗議を始めました。
自分はそれが何となく不満なので、無視することにしました。
しかし、何故かガイドに逆らうことが出来ずにグイグイと押しやられるように
ガイドに夢から目覚めさせられました。
ガイドが渦巻きのような夢のある一点に自分を押しやるとソファーベッドの
上で目覚めてしまったのです。
体は疲れが取れてスッキリしていました。 はぁ〜良く寝たw

161 :病弱名無しさん:04/04/01 21:03 ID:a6GEU9+5
どこかで思春期さんは
小周天の話はよく書いてますけど
大周天まで行ったんですか?

教えてください。




162 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:29 ID:2Am+OteC
・・・・・
>>161
結構前のスレに体験的なこと書いた覚えがあるんですが。
もう記憶があやふやなので、余り書きたくないかも・・・しか〜し、
脳内遊びを広めるためにも聞かれたことに対して、一応答えます。
ましてやここは2chだし。
鯖に負担をかけなければ差別・排斥は出来るだけやらないようしなくては。

163 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:35 ID:2Am+OteC
それと大周天について、余り書きたくない理由の一つに自分の大周天が
いわゆる「意念」ではないかという疑いが自分にはあるからです。
というのも
通常は一回か2回と言われている高藤氏言うところの「急激型」
の大周天的体験を3、4回している。

急激型の後も「肉髷」のような肉体的特徴が出ない。

神秘的な能力がつかない、もしくは普通の能力の延長のような感じでしか
出ない→SP版普通能力?

という体たらくだからです。

164 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:40 ID:2Am+OteC
まあ前記のような↑諸所の理由により、自分にとっての急激型大周天は
それさえ到達すれば、超能力もついてウハウハというようなものではなくて
脳内遊びの次の段階への通過点みたいな感じですね。
だから、単なる幻覚として片付ければ自分的にはとてもすっきりする感じさえ
します。そうとも言い切れないから困りもんなんですが。
あっちなみに大周天時にとても似た体験をネットで見つけました。
http://www.kundalini.jp/UESHIBA.htm
これほどハデではないですが確かにこんな感じでしたね。

165 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:46 ID:2Am+OteC
自分は瞑想中に突然、周り中や体全体が黄金色に輝きだして
(この時目をつぶっているのに確かに周りや自分の体が見えた)
驚いていると
尾てい骨のところあたりからもの凄い熱と光がゴーッと言う大滝の水が
落ちていくような音とともに背骨の中?を駆け上って、頭頂に達していき
そのエネルギーが頭頂に到達した途端に
ガツーンとぶつかるような衝撃を感じて吃驚した覚えがあります。
確かこれが一度目だったと思います。

166 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:50 ID:2Am+OteC
余りの衝撃に瞑想中なのに目を開けてしまいました。
しかし、それでも体中や頭の中でゴウゴウという音や光が回り中を
原色の蛍のように飛び回っていました。
頭のてっぺんが気になり、触ってみると高藤氏の言うようにスーッスーッと
静電気のようなもの(気?)が呼吸とともに出入りしていました。
今から十数年前だったと思います。

167 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:54 ID:2Am+OteC
しかし、その体験以降に特にこれといって目だった変化は無く、
瞑想や夢見、オーラ視がとても簡単になったくらいのものでした。
しかも、大周天的体験をしたからといって、練習しなくても仙道が上達
するわけでも無く、サボればすぐに退化する程度の上達ぶりでした。
まあ、だから「意念」なんでしょうなw

168 :どこかで思春期@愛気?:04/04/02 19:58 ID:2Am+OteC
その後も瞑想中に2回、夢見中に一回、何もしてないのに突然というのも
一回、くらい見ている気が・・・それで普通の人なんだから所詮、幻覚なのかも
しれませんなw
俺がヘタレなだけかもしれんが・・・
まあ、色々遊べた上にエキサイティングな体験だったので俺的には
得したなぁwと思っています。
んでは、仕事帰りで疲れているので落ち。

169 :病弱名無しさん:04/04/03 01:17 ID:UJPsbhEa
突然だが、世の中には象徴的に蛇型と龍型の進化方法が最低でもあるよな?。
時間と空間が虚と実を織り成すように虹が七色等に別れるように。
横に伸びる者と縦に貫く者がいるよな、蛇は基本的象徴的に横に這う者で
龍は縦に飛翔移動できる者だ、是はよく言われるように二次元の意識しか持たない
者は三次元にいても二次元的な視点しか持たないということに通じるな。
強大な力を持っても蛇は蛇、格が各七色に分かれてもその一つずつが各種類の蛇
で龍ではない、しかし本来、人間とは龍型だ、知覚を複数持つというのは、
虹の各色を複数認識しているという事でそのことから世界は縦に広がっている
こと、を理解できるし、わざわざ意識にあげずとも直感でわかっている。
ゆえに、人として産まれて来るということは、龍型の進化をする為の道を
かつて選んだということだ、ならば、わざわざ、蛇の道に今さら進むことは
あるまい、蛇の道を行きたいのならば、人間に産まれて来る必要はなかったのだから。

しかし、まあ、それが理解出来るのも龍型で居られる間だけなのかもしれない、
蛇に堕ちた者達は理解が出来ない故に蛇なのだから。

ところで、ガイドだが、あれは果して蛇か龍か?また、どちらかならば
自分の属している道に人を導こうとするのか?
まあ、ガイドなんて大体認識すること自体も難しいのかもしれないが、
そして、ガイドはスカウトなのだろ〜か?
私はかつて属のポストとして、西王母の伴侶とか、天の鳥船の司令官とか、
堕天使に命の実を渡されたりとか、色々幻視した、、、、(w
まあ、それもガイドだとか、認識しなければただの妄想で終るだろ〜し
事実そうなのかもしれないが、それを切欠に理解したこととかもある。

まあ、自分の意志で人と成ったのなら、人としての道を歩こうじゃないか。
そして、私に楯突くものは皆蛇なのだろ〜な。

170 :ケン:04/04/05 00:42 ID:Zfq+q3zO
思春期さん、いつもおもしろい語録拝見してます。これからもよろしく
まあ語録といえば、ちょうど大周天がでたところなのでちょいと一言
島田明徳師をご存じだろうか?

昔、太極の理実践会(多分知らないと思う)に発足当初からいた俺は、明徳師に
いろいろ気についてとか悟りとか教えてもらってた。あの時は正直強烈な気づきとかおこってたよ。かなり影響受けた。

でその明徳師の師匠がチンロシュンとかいう仙人さん最後は、白日昇天したらしいが明徳師はその場に立ち会う事ができなくて後日弟子から聞いたそうだ。

そのチン老師は白日昇天する人物だからもちろん陽神段階以上
陽神段階の人はどういう状態か多分知られてないと思われる

陽神段階に入ると、まず瞑想中にプカプカ浮かぶいわいる空中浮遊巷に出てるジャンプするやつとはちがう本当にぷかぷかしてるらしい30分以上
浮かんでいる。

後そのチン老師と組み手とかすると、実際の肉体にはさわれない。手を握ろうとすると、強烈な気で老師の手を握ることができない。
浮かんだまま。つまり肉体以上に気(陽神)が大きい

また指でま木をポンと突くとその部分だけ突き抜ける

チン老師は白日昇天するとき60歳ぐらいだったそうだ
まあ俺は、明徳師に一体老師はどこに行ったのですか?
って聞いたら桃源郷とか言ってました。
桃源郷といったら仙人の住まいみたいなとこですけど、我々には実際どういう
所なのかはわかりませんけどね。

ところでみんな元気でやってるのかなあ
懐かしいな。

ここで書くのもなんですけど、時効ってことで勘弁してちょ



171 :どこかで思春期@愛気?:04/04/05 18:57 ID:0l+2w4Jt
>>170
ケンさん、素晴らしいお話ありがとうございます。
ケンさんは
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/1702/case/ki-yoga/shimada.html
ここの人なんでしょうか?
残念ながら、自分は島田明徳師とはご縁がありませんでした。
ケンさんに言われて初めて知った始末、自分はまだまだ不見識だと反省。
では、更なる実践を目指して今日は現実世界で頑張らせていただきますので
名残惜しくも落ち。

172 :病弱名無しさん:04/04/05 20:35 ID:aAwRT7ji

島田明徳

気の輝きに包まれて―仙道修行者の覚醒への記録 金花舎
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4873960029/

「気」の意味―仙道が伝える体の宇宙 地湧社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4885030862/

「悟り」の意味 地湧社
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4885030951/

173 :どこかで思春期@浪費家:04/04/07 00:33 ID:Yu7kY61G
↑資料書き込みお疲れ〜参考になるね

174 :病弱名無しさん:04/04/07 01:23 ID:hO5kNm64
>>170
島田明徳氏が作った武術団体の評判は最悪だったね。

175 :ケン:04/04/07 21:52 ID:QItW3y/4
思春期さん、やはり知らなかったですか・・・
俺としては、明徳師は非常にもったいない人に思えます。情報としてでもかなり知ってるし仙道書なんか書けば高藤氏が詳しく取り上げなかった。大周天。陽神段階など多分チン老師から聞いてるので、心残りです。

明徳師がある時、チン老師に聞いてみたそうです
「なぜ?老師は下界に降りて人々に教えないんでしょうか?」
老師
「伝わると思うか?」
明徳師
「・・・・・・」
老師
「それは君たちがしなさい」
そこには明徳師ひとりしかいなかったそうです。

金花舎の「気の輝きに包まれて」は絶版ですが、俺としては復刊すればいいな
と思うんだけどね残念です。

>島田明徳氏が作った武術団体の評判は最悪だったね。
うん、なんかそうみたい多分タオプレイスって団体になってからじゃないの?
○呂夫婦がやってたやつでしょ。
煉気柔真法・・・正直あれはちょっとね
でも力抜く技法だから仙道の補助的にはいいかも。俺はきらいだった。

タオプレイスどうしてるんだろう?
あいつらまだいるのかな?


176 :病弱名無しさん:04/04/08 01:15 ID:8f6zhIfw
>ケンさん、こんにちは。
以前島田さんに興味があり、何冊か本を買っていましたが、
太極の理実践会とタオプレイスとは同じ団体だと思ってました。
違うことをやってたんですか?
本の中ではネコの本が好きでした。
金花舎の本はもってないので再版してもらいたいです。


177 :ケン:04/04/09 21:54 ID:rtj/Yuxe
>176さん
はじめましてです。
>太極の理実践会とタオプレイスとは同じ団体だと思ってました
そうですよ。同じ団体です。自分は、名前がタオプレイスになるまえにやめてしまったんですが、多分タオプレイスは直接には明徳師は教示してなかったんでしょうか!?
太極の理実践会の頃は、もろ悟りを重視して講話など結構テンション高かったです。
タオプレイスは、事務局と弟子などでやってたんじゃないかな
明徳師、もう嫌気が差したのかなあ。そういう話は直弟子だけにしたのか?
よく私がいた頃は、老師が伝わるのか?と言われた事を身を以て知りましたなんてよくいってたっけ。
金花舎の本は明徳師の生い立ちから壮絶な悟りの修行など書かれていて、今だったら結構読まれてるんじゃないかな?出す時期が早すぎたのか

ひとこと言いたい
「直弟子のおまえ達!!悟ったか?」
そんでは

178 :ケン:04/04/09 22:01 ID:rtj/Yuxe
そういえば思春期さんこの頃レスなしだけど、どうしてるのかな?

179 :病弱名無しさん:04/04/11 00:31 ID:+9VSY7yH
>ケンさん
やはり同じ団体だったんですね。
今、拳法は山○さんという方が教えてるみたいですが
島田さんはもう何も教えてないんですかね。
金花舎の本、買えば良かったな。
迷った末に新体道の青木さんの本を買っちゃった。
まさか書道の先生になるとは。

180 :どこかで思春期@クマ?:04/04/13 15:24 ID:Uful5S/b
>>178
つっ釣られないぞw・・・って書いた時点で釣られてるのかぁ〜!

181 :ケン:04/04/13 21:18 ID:x+8V0Bhd
>今、拳法は山○さんという方が教えてるみたいですが
むむむ誰だろう?俺の知らない方か?○が気になる(爆

思春期さん釣られたついでに思春期語録復活しましょう(爆


182 :病弱名無しさん:04/04/14 13:26 ID:i8quTSzc
どこかで思春期さんは気をハッキリと感じられますか?

俺は内気は良いんですけど外気に関してはいまだに自身がもてないんです。
あると言えばあるけど・・・・。

高藤氏の本を読んでいるとハッキリと感覚出来る
見たいな事が書いてあるので知りたいです。

183 :病弱名無しさん:04/04/15 00:09 ID:b4DFDxoY
ハッキリ言って、定義は曖昧になるのこそが真実です、
だって、種類は無限にあるから。
しかし、複数人が同じ種類の き に焦点を中て相互認識することにより、
き の種別に枠が出来、内気、外気、とか称されています、
といっても、これすらも、本来、種類は万別なのですが、自分の認識に自身を
持つ人が、他を否定し、自分の気感を主張することにより、枠に収まって行きます。
何故なら き の種別が同じ場合には、その き 同士に相互作用が起きる
からです、具体的には、一般的な力学や、フレミングの法則の効果がそれに値します、
ゆえに、例えば、外気にしても、天のき、と、地のき、では、相互作用乏しく、
いわゆる、遠あて、などの、距離をおいての作用も、地のき同士、天のき同士
を向かい合わせたほうが実感がハッキリします。

だから、流派ごとに、他の流派の気功は効果がないとか言ってる様は本当滑稽です。
まあ、望む作用が起こせるのなら、なんでもOK但し自分限定で、他人に効果を
及ぼしたいのなら、及ぼすべき他人に自分と同じ、き を大量に纏わせねばなりません(w

184 :病弱名無しさん:04/04/15 00:41 ID:oKllXTL2
>>ケンさん

山本っていう人が拳法を教えているみたいです。

185 :病弱名無しさん:04/04/20 10:27 ID:pUk+J3+U
age

186 :病弱名無しさん:04/04/24 21:00 ID:1YmzkDWd
どこかで思春期さんいますか?

187 :どこかで思春期@簡化:04/04/25 12:57 ID:IToRk+kQ
どっかで思春期はどこかにいます。 なにぶん未熟者なので、実践のほうもマメにこなさないと
すぐに腕が鈍ってしまうのでネットに出現する暇を見つけるのが難しいのです。
しかし、他の人の体験談、手法は希望します。
都合良過ぎますかねw
では、これにて失礼。

188 :病弱名無しさん:04/04/25 14:00 ID:ToJ1DdD+
そういえば高藤氏って現在何してるの?
もう死んだの?

189 :龍脈召喚:04/05/02 00:39 ID:nzJJhN/e
世界の構造、仙道にいう”大周天”についての考察。

「宇宙は膨張している。」真実か否か?

「観測では真実と認識されている。」ああ、ならば真実だ。、、、、、

本当だろうか、誰かが認識している物事を与えられ、それを真実と受け止めている
だけではないのか?

私が考察するには”宇宙の質量が増えているのでは?”なかろうか。
”質量保存の法則”は一般的に認められ最近の世の文化の流れ的にも、そういわれている。
そして、”質量保存の法則の内側”にあるのが”小周天”であると考察している。
密閉された中の物質には確かに質量保存の法則が当て嵌められるとおもう。
故に世で富を得ようとすれば、富を一箇所に集め、それゆえに他所の富が薄れる。
このような、”質量保存の法則”に準じた”理”が別のモノにも当て嵌まる。

190 :龍脈召喚:04/05/02 01:03 ID:nzJJhN/e
それに対して”大周天”は”質量”では無く”生命”の法則である。
宇宙を一つの密閉空間(”層”)と考えた時、確かに質量は不変であろうが、
例えば、透明なガラスで密閉した空間でも光は透過するし、x線γ線などというものは
透明な材質でなくとも透過できる。このことに準じた”理”が宇宙という密閉空間
に働き結果、”世界を貫くモノ”が宇宙に質料化するなら、宇宙の膨張という
観測結果に私もうなずける。

少々話しが脱線したかもしれないが、詰り、”生命”とは”質料化の結果”
ではなかろうか?と考察するわけである。

”生命”が”大周天”=”質料化の結果”として宇宙に顕れ
”質料化の結果”の”生命質”から”生命”が失われることにより
”生命質”が”物質”に移行する、そして
”物質”が”小周天”を内包する”質量保存の法則”に準ずるようになる、

是が”大周天”と”小周天”の差異であると考察する。

191 :龍脈召喚:04/05/02 01:22 ID:nzJJhN/e
そして、象徴的にガラスの密閉空間(宇宙)を透過する光が
生命に宿る”意志の光”(魂)ではなかろうか?。

人は”意志”(知恵の実)と”肉体”(命の実)を持ち
”行動”(力の実)に手を掛けた存在で有るなら
人が修めるべき業もそれに準ずるのが”正道”ではなかろうか?。

兎も角、大周天を目指すという事は”き”を集めるのではなく
”き”を”顕現”させることであり、”その理に準じ”その行動も”太陽”の如く
ただ、”与える”ようになる必然が在るのだと考察する。
なぜなら、湧き出るのだから。与えても尽きないのだから。

192 :龍脈召喚:04/05/02 01:33 ID:nzJJhN/e
此処で”顕現化”の例として『空元気も元気』という言葉を挙げておく。
この”空元気”というのが”虚”の”相”の産物であり”意志の光”(魂)
に準じ、”元気”というのが”実”の”層”の結果であり、”質料化”に
準じていると考察している。

「魂ある同胞よ矛盾が有るなら示してくれ」

193 :病弱名無しさん:04/05/02 20:19 ID:GqZOO+Hn
252 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :04/04/26 20:57 ID:nISwjGn0

島田明徳の『「悟り」の意味』という本をブックオフで買ってきたら
"あなたを変えるのはあなただけ"という文と共に本人のサインが入ってたw

それにしても、こういう本を売っても良いのか。

http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1078241177/252

194 :ケン:04/05/02 22:34 ID:BR61w00o
>"あなたを変えるのはあなただけ"という文と共に本人のサインが入ってたw

これは、太極の理の元会員にまちがいない!!それも上層部(爆
あの頃は、ほんと馬鹿ばっかりいて楽しかったなあ(俺もそのひとり)

195 :病弱名無しさん:04/05/03 01:23 ID:/OlXH8Ht
ケンさんに質問なんですが、太極の理では実際の小周天などに伝わる修練などはしていたのでしょうか?
島田明徳先生の本を読むと、そういったことより精神の置き方などしかほとんど書かれていないようですが。

196 :ケン:04/05/07 00:54 ID:Wwpgbd4L
>山本っていう人が拳法を教えているみたいです。
う?ん知らん。きっとタオプレイスになってからの人でしょう。宮崎はどこさいっただ?(爆

>195さん
そうなんですよ。仙人直々に修行を教えてもらってたのに仙道は、ほんのさわり程度で終わり後は、もう悟り、悟り、悟りの話ばっかり(爆
仙道の事で言えば、簡単には腹気法、武息の仕方、精宮瞑想そんな感じかな
腹気法は、息を少しずつ腹に入れていき肺にいきイメージで肩まで息をいっぱいにするんだが、そうすると背中は反り返るいわいるマンガで息をいっぱい吸い込んだりしてる感じですか。
それで息を止める時にアゴを下げてできるだけ長く止息するだいたい1?2分それを30分ぐらいやる。朝がいいらしい
俺もやってたけど、やり始めて10分ぐらいなると空気が入ってるのに入って行かない感覚になる。まあむりすると肺がやられる。でもいいよこれ

武息なんだけど、高藤流の武息とは違う高藤流みたいに息を切ってすったりはいたりしない吸うとき吐く時はふいごのように勢い良くやる止息はまあ止めれる程度そんなに長くしない。今俺は錬丹中だが武息はこののりで後は自分で改良したのでやってる。

精宮瞑想・・・あんまりこの名称は聞いた事ないんだと思うけど簡単に言っちゃうとチャクラのポイントに意識を溶け込ませてそのチャクラと一体になる瞑想とでもいうんだろう。
仙道で言えば温養になるんだと思うんだけど、教えてもらったのは触り程度なんでねこれはなんとも言えないな。



197 :ケン:04/05/07 00:55 ID:Wwpgbd4L
でなんで?こう触り程度なんだろうか?結論をいえばその当時の太極の理の会員の中で仙道してたのは俺ぐらいしかいなかった事。
後の連中は仙道のせの字も知らない人たちだったことそれと明徳師自体本当に仙道をやるんだったら山で長く修行しなきゃ効果がでないことを自分で言い聞かせてたんじゃないだろうか。
だから高田馬場では触り程度やってそれ以上に大事な悟りという課題に取り組んだんじゃないかな?その当時の会員の人たちはいろいろ悩み抱えてたしね。
しょうがないといっちゃそれまでだけど、俺としては、悟りもかなりの影響あったし来て良かったと思う今となってはいい思い出だけどね。

やっぱ仙道ってひとりで地道にやるもんだと思う修行の壁にぶちあたったら向こうから教えてくれるそんな感じかな向こうってのは別にあの世とかじゃなくてね
そんでは


198 :ケン:04/05/07 03:11 ID:Wwpgbd4L
腹気法じゃないね服気法でした。

199 :病弱名無しさん:04/05/07 14:40 ID:btfdr2DF
王力平

http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=521&type=507&space=45
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=894&type=0&space=0
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=919&type=894&space=75
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=1141&type=1133&space=30
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=1177&type=1133&space=75
http://principle.jp/bbs1/cbbs.cgi?id=spiacoyi&mode=one&namber=1202&type=1191&space=60

200 :病弱名無しさん:04/05/07 14:41 ID:btfdr2DF

驚異の超気功師・王力平
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=9815

201 :病弱名無しさん:04/05/07 17:52 ID:aJ1/r6LW
ケンさん、参考になったかも。ありがとさん。
宮崎さんっていうのは弓道の人ですか。
ビデオを出してるみたいですね。
太極拳ならやってみたいんですが。

202 :195:04/05/09 20:54 ID:VJDC1ovh
>ケンさんへ
レスありがとうです。
実は私は武術の方に一時期在籍していたのですが、
確かにあそこの人は精神的に病んでいる人が多かったですね。
武術のほうでも一般的な武術の練習はほとんどなくて、
そのうえ身体を練る練習もあまりやりませんでした。
練習の目的は、力を抜くと技がかかるということを理解すること
といってもいいと思います。
たぶん「悟り」が大事って言っていたのと同じだと思います。
また普通の気功や太極拳では腰を丸めるようにしますが、
あそこでは逆にそらす(腰を入れる)のが正しいとしていました。
これについてどう思いますか?


203 :ケン:04/05/10 21:43 ID:ZZ86R9HU
>宮崎さんっていうのは弓道の人ですか。
ビデオを出してるみたいですね。
太極拳ならやってみたいんですが。

そうそうその人です。たしかビデオは練気柔真法でしたね。俺のいた頃は彼は
まじめに取り組んでましたよ。でも茂○夫妻がやってたのになぜに彼なの?
あの夫妻が離婚したのは噂では聞いてたけど、こんな形になるとはちょっとさびしい感じ。太極拳って教えてたかなあ?俺としては太極拳は気が分かった人にはとてもいいじゃないかな。ところでタオプレイスってまだやってるんかのう?

>195さん
>あそこの人は精神的に病んでいる人が多かったですね。
おれはそこまで言わないぞう(爆
ちゅうか結局あそこはすべてにおいてしろうとしかこなかったのが問題だったのかなあと今思えばそう感じる。仙道にしても武術にしてもね。
練気柔真法にしてもある程度武術してるひとにはとてもいいと思う。でもね
普通の主婦やにいちゃんたちが練気柔真法やったってなにに役に立つと思う?
せいぜい肩こりが治りました程度だとおもうよ。いまさら俺がとやかく言うのもなんだがっておもっきり言ってるけど(爆

204 :ケン:04/05/10 22:09 ID:ZZ86R9HU
>また普通の気功や太極拳では腰を丸めるようにしますが、
あそこでは逆にそらす(腰を入れる)のが正しいとしていました。

そうなの?俺は気功しか知らないけど、たとえば站椿でみれば背中はまっすぐ立つんだけど、その尾てい骨をほんの少しクイッと丸める感じでしてたよ。
太極拳に関しては、習ってないんでわからない。太極拳はもちろん陳式だと思うけど、昔のビデオで明徳師の太極拳を見るとかっこいい速いんだよシュパッ
シュパって、あれ見て太極拳ってこんなに速くていいの?俺の知ってるのは、ゆっくりやるのしかなかったんでね。あらびっくりって感じか。
そんでは

205 :病弱名無しさん:04/05/11 00:25 ID:3vmtQDIA
仙道連
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1079537230/53-65

206 :195:04/05/11 17:18 ID:HW2KmIK7
ちょっと言い過ぎたかな・・・
確かに素人集団だったといえばそうですね
みんな真面目な人だったと思いますが

>昔のビデオで明徳師の太極拳を見るとかっこいい速いんだよ
そうですね。かっこよかったですね
私が知る中で一番かっこいいです
太極拳ならってみたかったですねー

207 :ケン:04/05/12 21:56 ID:Km6sEBkZ
195さん
>そうですね。かっこよかったですね
私が知る中で一番かっこいいです

ええ!!あのビデオ見たの?もしかして195さんは太極の理実践会のころの人?

208 :195:04/05/12 23:18 ID:pTrZUnJI
私が観たのは武術の道場開きのときに演舞されたもので、
ケンさんが見たものとは違います

ちなみに太極の理実践会のときはいませんでした

209 :病弱名無しさん:04/05/14 13:01 ID:YDPQhbDK
http://www.google.com/search?q=cache:wKF5pui-ZNYJ:www.cityfujisawa.ne.jp/~himeno/wadai1.html+%E7%8E%8B%E5%8A%9B%E5%B9%B3&hl=ja&start=6

210 :病弱名無しさん:04/05/26 04:01 ID:q58y3EOa
そういえば高藤氏って現在何してるの?
もう死んだの?


73 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)